可愛くなって、なにが悪い

【フローフシ LIP38℃ 】すっぴんが楽しみになるリップトリートメント【本領発揮は落とした後】

こんにちは、やざきちえりです。

今日はネットでちょっとしたブームになっているフローフシ LIP38℃についてフローフシ LIP38℃シリーズについて紹介します。

 

 f:id:E4DC8A:20170826211654j:image

 

リップトリートメントについて

ネットでいろんな人がオススメしていたリップトリートメント、わたしも買ってみました!

その名もフローフシ LIP38℃シリーズ。

 

このリップトリートメントは人間の体温が38度のとき、人の唇は一番美しい色になるという考えのもと、フローフシ独自の美容成分も配合しているそう。トリートメントと言うだけあって、使用感はグロスでもリップクリームでもありません。血色を38度に近づけるために温度別で5色展開です。

 

唇が赤すぎる人は–2℃、校則が厳しい学生は透明の±0℃、ほんのちょっとだけ色味をつけたい人は+1℃、口紅を普段使う人なら+3℃か+5℃をお好みで使うといいかも。

 

f:id:E4DC8A:20170826212244j:image

▲公式サイトより引用

色のバリエーションはこんな感じ。

 

 

実際に使ってみました

f:id:E4DC8A:20170826212633j:image
その中でもわたしが購入したのは+3℃。

 

f:id:E4DC8A:20170826212646j:image

比較してみたらこんな感じ。

(左)+3℃(右)+1℃

 

パッケージで見る色味がそのまま唇の上で再現されます。色素沈着しないから、すっぴん唇がきれいなままだし、UVカットもSPF20 PA++とありがたい。

べとつかないのにきれいに発色するグロスのようでもあるし、つけているだけで唇が潤うリップクリームのようでもあるけど、どちらでもないのがこのリップトリートメントなんですね。

 

f:id:E4DC8A:20170826213515j:image

パッケージの形としてはグロスに近いかな。

 

f:id:E4DC8A:20170826213704p:image

見た目もかわいいのでポーチに入れて持ち歩くのも楽しいです。

 

 

実際につけたらこうなります。

 

 f:id:E4DC8A:20170826213315j:image

なにもつけてないすっぴん唇。

 

f:id:E4DC8A:20170826213323j:image

トリートメントだけつけた唇。

 

ちょっと(アフター写真がドヤ顔になってしまって)表情が変わっちゃったので見にくいかもしれないけど、唇のぷるぷるツヤツヤ感は伝わりますか?加工すると色味がわかりにくくなると思ったので上の2枚は無加工でお届けしてます。笑

 

 

コスメに求めるもの

余談ですが、わたしがコスメに求めるものに「低刺激」である、というのがあります。

たとえば、肌荒れした肌にカバー力の強いファンデーションを塗れば一時的にその肌荒れは隠れるけど、強いカバー力で負担がかかったお肌は、そのあともっと荒れちゃうこともあると思います。するとますますファンデーションが手放せなくなって、あっという間にすっぴんで出歩くのが恥ずかしくなる・・・なんてことも考えられます。

 

だったら、はじめから強いカバー力がなくてもいいお肌をキープしておくほうが賢いのでは?というのがわたしの考えです!そのために、低刺激で負担が少ないものを選んで、正しく使って、すっぴんもメイクアップも両方楽しみたいと思ってます。

 

そんなわたしの考えにもぴったりなフローフシのこのリップトリートメント、使ってから約10日が過ぎました。つけてるときだけじゃなく、「そろそろ塗り直そうかな」というタイミングの唇そのものが潤っていて驚きました。

1600円でリップクリームとグロスの役割を担ってくれるこの一本、ポーチに入れておくと頼りになります。

 

※一応Amazonのリンクも貼りますが、店舗での購入を強くおすすめします!

現在在庫不足により値上がりしていますが、定価は税抜き1,600円です。

定価まで下がったらAmazonで買ってもいいかな。

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちらへ。

flowfushi.com

 

 

今回紹介したリップトリートメントはかなりオススメです。

わたしは色違いの+1℃も買うか検討中・・・!

 

f:id:E4DC8A:20170826214131j:image

 

以上、やざきちえりがお伝えしました。